タブレットを使用している女性

豊富なラインナップ

PCを操作する男性

自宅に寝たきりのお年寄りや病気の家族がいるときに、介護用品をわざわざ買いに行くのは大変です。 そのため介護用品を通販で取り寄せる人が増えています。介護用品を通販で購入した場合、価格は普通のお店で買うより高くなるのでしょうか。ここでは介護用品の通販価格を紹介します。 まず動けない人に必要なのは介護用の車椅子です。この車椅子の値段は2万円台のものが多く、機能が多くなるにつれて、3万円から5万円のものまであります。また、ポータブルトイレも、持ち手がついた使いやすいものは2万円台で販売しています。その他、介護がしやすく、介護される人も快適に使える介護ベッドは10万円から20万円が相場です。介護用品の通販サイトではベッドや車椅子などの大きな介護用品から介護靴や紙おむつなどの小さい介護必需品までいろいろな商品をみることができます。

介護用品の通販会社はメーカーからの直接販売のお店が多く、普通のお店で購入するより割安になっているところが多いようです。例えば定価が7万円ぐらいの車椅子が2万円に割引になっていたり、紙おむつなどはまとめ買いで割引をしているところもあります。 通販でも障害者日常生活用具給付金制度を利用した購入ができる会社もありますので、給付金のもらえる人は、この制度を利用できる通販の会社を探すとよいでしょう。 また、実際に商品を見たい人のために、ショールームのある通販の会社もあります。介護ベッドなどの大きな買い物をする際にはショールームで実物を確認するのもよいでしょう。 そのほか、会社によっては返金保証制度や返品、サイズ交換を無料で行っているところもありますので、介護用品を通販で購入する場合は、サイトでいろいろな会社を比較してみましょう。